健康経営アプローチ

健康経営で企業ブランドの価値を高める

健康経営とは、従業員や生活者の健康が企業および社会に不可欠な資本であることを認識し、
従業員への健康情報の提供や健康投資を促す仕組みを構築することで、生産性を向上させ、
医療費を抑えて、企業の収益性向上を目指す取り組みを指します。

アメリカの経営心理学者のロバート・ローゼン氏によって「健康な従業員こそが収益性の高い
会社をつくる」というヘルスカンパニー思想が提唱されました。

健康経営は、働き方改革の企業サイドから発信できる重要なメッセージです。

企業が経営理念に基づき、従業員の健康維持・増進に取り組むことは、従業員の活力向上や
生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業務向上や組織としての価値の向上へ
繋がることが期待されます。

従業員の健康維持・増進にいての企業の取り組みの質を確保するには、コンサルタントなどの
専門家の関与が重要です。

メンタルヘルスの不調は生産性を低下させることが明らかになっています。また、健康経営に
対する投資1ドルに対するリターンが3ドルになるとの調査結果があり、健康経営は従業員の
生産性向上やコスト削減、企業イメージアップ等に繋がっていることが示唆されます。

クロック・コーチング研修により、組織内のコミュニケーションを促進することで、従業員同士
の連携を強化し、メンタルヘルス不調の防止に繋がります。


クロック・コーチング研修により、企業が得られる効果。

  • アブセンティーイズムの改善
  • プレゼンティーイズムの改善
  • ヘルスリテラシーの向上
  • 従業員の生産性の向上
  • 社員のモチベーション維持
  • 優秀な人材の獲得
  • 離職率の低下
  • 企業業績な向上
  • 新卒採用など労働市場での価値の向上
  • 対外イメージ、ブランド価値の向上

売り手市場の人材確保へ

就活生の親が望む勤務条件として、従業員の健康や働き方に配慮しているという項目がトップに
挙げられており、就活生の7割が親の意見を参考ににすると答えている。

このことから、就職先を検討する上で、親が持つ企業イメージが重要な要素を占めていることが
わかります。まずは、健康経営の基礎を固めて社内発信し、企業価値を創造することが大切です。