ストレスマネジメント

ストレスマネジメント

「ストレスマネジメント」とは、1人の人間、あるいはチームの能力を最大限に活かせる
ようにストレスケアの手助けするプロセスです。人の強みを引き出し、その人の最高の状態
が出せるように個人的な障壁や限界を回避するサポートを行い、また、チームメンバーとして、
いっそう効果的に行動できるようにします。このように、効果の高いストレスマネジメントでは、
課せられた役割と人間関係を重視するコーチングが求められます。

コーチングは、ポジティブ心理学やインテグラル・メンタルトレーニングと同じ理念に
基づき、同じ原理を用いてますが、とりわけ能力開発コーチングにその傾向が強く
見られます。これらの違いは学習と能力開発のメソッドにあります。

コーチングは「行動学習」と「フィードバックを介した学習」を重視し、ポジティブ
心理学は「内省的学習」を、インテグラル・メンタルトレーニングは「無意識的学習」
を重視します。この両方を取り入れたものがクロック・コーチング研修です。

「意思決定から次の意思決定までの平均時間は、驚きを感じてから次の驚きを感じるまで
の平均時間よりも長い」(MTBD>MTBS)

つまり、職場には常にストレスが存在しています。企業の不確実性は、勤務時間の長時間化や
かつてなく高いレベルの成果を達成するという形で、従業員を徐々に圧迫しています。

クロック・コーチング研修により、「その人を生き生きとさせるもの」、あるいは「その人にパワ
ーやエネルギーを与えてくれるもの」を見出し、シナジー効果を高ることで、対人ストレスも
少なくなり、業績が向上するようになります。

職場でのストレスマネジメントの結果、学びを深めて成長できます。この学習と成長は、
ビジネスの効率や効果を高めて企業の目標を達成し、ビジョンやミッション、そして価値や
採算性の拡大に役立ちます。個人が組織に対して幻滅し、退職という結果をを招く前に対処が
必要とされます。